今年の抱負2017

 毎年「これをやろう」「あれをやろう」と考えるのが年始なのだが、これまではたいてい「今年は何本小説が出るかな」という考え方だった。が、個人的にこの1、2年で大きく環境が変わったので(主に第一子出産がでかかった、可処分時間的な意味で)、「もう小説の本数を気にするのは止めよう」と今さらながらに開眼。私も37歳なので、いい加減、数字ではなく質で勝負するべきと気づいたのである(言い訳の常套句)。

 もちろん小説は続けていくし、昨年のようにオーディブルであるとか、小説以外の媒体にも小説の形を通してチャレンジしていくことは続けたいと思う。シナリオやなんらかの原作はまったく考えていない。たぶん、私のキャパ的に無理だ。新たな表現手法に習熟する時間がまったく足りない。

 そんなわけで抱負の第1はこれ、「小説の質を向上させる」。当たり前? そう、当然であることを再度真剣に取り組みたいと思ったのだ。

 抱負の第2は家族のこと。仕事も趣味も、家族がいなければ安心して楽しくできない。「家族を大事にする」。当たり前? そう、当然であることを再度(省略)

 抱負の第3が今年から新しく始めようとしていること。
 実は――狩猟だ。
 釣りがオフシーズンである冬に、猟期が始まる。「猟銃所持許可と狩猟免許を今年中に獲得し、11月15日からの猟期に出猟する」ことを第3の抱負とする。
 散弾銃は火薬が怖いので止めました(ヘタレ)。空気銃のみでOKなので、まずは初心者講習試験の合格を目指して勉強中。


 年を食うと1年の過ぎ去る速度が徐々に早くなると言う。だからこそ、日々を大事にして、己の足跡を振り返りながら、たゆみなく進むべき道を進んでいきたいものだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


今年の抱負 2016年

 イヤその前にブログ書けよ俺、と今さらながらに思いました。今年のエントリはこれで3つ目。1月に抱負、10月に小説とUXの関係について、で、このエントリ。小説の宣伝もしていない。まあ、宣伝は最近twitterに主戦場を移しているのでブログに書いても意味がないのかもしれませんが。

 ともあれ抱負の総括をしましょう。
 今年の抱負は3つ掲げました。

 一、今後、自分が腰を据えて取り組むべきテーマを設定する
 二、堅実に生きる
 三、大過なく過ごす

 先に2と3ですが、こちらは……うん、まあ、大丈夫だったかな? 12月に病気を引きずって1週間くらい動けませんでしたが、そのくらいで。堅実かと言われればあんまり堅実じゃない財務状況なんですが(嫁に借金してまで車買ったりして)、生活は順調です。
 ここに書けない範囲で深刻なトラブルもありましたがそれも乗り越えました。
 小説家業も来年に向けて種をまくこともできたので、なかなか有意義だったのではないかと思います(進みは遅いのが気になりますが、私自身が昔ほどがっつかなくなったのでくよくよしてもしょうがないなって感じで)。

 で、1です。
 今後のテーマ。
 見つからなかったな〜〜〜〜〜〜。
 ぼんやり見えていることはあるんです。結局のところ、小説家は自らの体験から得たものを文字にしていくしかない。であれば私が積み重ねてきたもの、今時間をかけて取り組んでいること、これからやろうとしていること……こういったことの集大成になっていく。テーマそのものを言語化するのは難しいのですが、できあがってくる作品に色濃く影響が出て行くのかなと。

 ブログを書かなかったことには自分の中で理由があるんですよね。思い悩み、考えていた様々なテーマについて、「まだ書くべきじゃない」と思っているんです。考えた上での結論ならばいいのですが、煮詰める途中でリリースするのもなと。まあ、一方で、とりあえず書いてみなきゃわからないじゃん? と思って書いたのが10月に書いた小説とUXに関するエントリなんですが。
 twitterとは違う表現ツールとしてブログ自体は残しておこうかと思います。私が進めていること、やろうとしていること、これらについてなにかしら発信できるといいのではないかなと思います。

 皆さんの2016年はいかがでしたか?
 私は……結構、ありました。仕事の役職が変わったせいで楽しい現場の仕事がなくなって責任ある超めんどくさい仕事が降りかかってくるようになり、白髪が増え、会社が移転したために10年以上慣れ親しんだオフィスや街とおさらばすることになり、昼飯を食える店が激減し、新たな緊張感ある他部署とのトラブルに巻き込まれるようになりました。人生の苦悩のうち90%が会社がらみなんでしょう、日本人は。絶対そうだ。
 一方で、子どもがどんどん可愛く育つので癒されています。親ばかになるなって言うほうが無理だわ。子どもが可愛すぎてこれ以上育つのがつらい。絶対俺に似てクソ生意気なガキになるわ。止めて! これ以上育たないで! と心で叫んでいるもののみるみるでかくなります。ペースで言うと、3カ月ごとに足のサイズが0.5ずつでかくなります。脅威。財布的な意味で。
 釣りにもちょいちょい行きました。飲みには……そんなに行かなかったかな? アルコールに弱くなった気がします。
 俺は36歳で死ぬ、なんて子どものころはうそぶいていましたが、するっと37歳になりました。これ以上老いたくなくて死にたいぜ……。

 小説業界もプロフェッショナルとアマチュアの境界がどんどん薄まってきたなとほんとに思います。私もどんどん新しいことにチャレンジしたいなあと思います。

 さて、今日も今日とて喫茶店でコーヒーを飲みながら、がんばりましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加


小説という商品にUX的な考え方を持ち込めるか

 UX(ユーザーエクスペリエンス、ユーザー体験)を軸にした考え方というものがある。「顧客にどのような体験をしてもらうか」を重要視した考え方だ。
 たとえば、典型的なのが一昔前に(もう一昔と言えることに時間の流れの速さを感じる)流行したソーシャルゲーム。

 1.まずナビゲーターが出てくる
 2.赤、青、緑などの3陣営、あるいは3種族などから選択する
 3.ガチャを回させ、必ずSRレアリティのカードが出現する
 4.ナビゲーターが「すごい……天才か!?」と驚きプレイヤーを褒める

 ここまでがテンプレ。

 この流れの重要な部分は「まず顧客を褒める」「自分が選ばれた特殊な人間であると認識させる」ことで「せっかく手に入れたカードだからゲームを続けよう」とモチベーションを高めるところにある。ソーシャルゲームにおいて(今もなお)、「継続率」は主要なKPI(売り上げと密接に関わる重要な数値)だからだ。
 とはいえ手法もやがて飽きられる。そりゃまあ、雨後の竹の子のごとく現れた大量のソーシャルゲームが同じ形式なんだから「はいはいガチャね。リセマラやっか?」と顧客だって順応し、この手法ではモチベーションを高めるという目標を達成できなくなる。

 さて、ここからが今回書こうとしている内容だけれど、上記の通りUX的な考え方というのはとどのつまり、顧客に「いかに体験させて」「どのような気持ちになってもらい」「サービス事業者が設定するゴールを達成してもらう」ということに尽きる。
 一度、UXをお手軽に生む手法が開発されると、それを模倣することは簡単だ。「異世界に転移する」「神様からチートをもらう」「文明レベルの低いファンタジー世界で無双する」という流れもある種のUX発明品であり、小説の書き手はこの発明品をベースに「生産系」「内政系」「クラス転移による群像劇」などの味付けによってオリジナリティを創り出す。俺も異世界行ってストレスフリーな生活したいぜ……。

 それはさておき、小説全体、あるいは小説という商品にUX的な考え方を当てはめることは結構難しいなと最近思っている。
 世の中には小説を読む人間と読まない人間と、はっきり分かれていて、その一点においてお互いがわかり合えることはない。読む人間は読まない人間に大量の「オススメ」小説を投げつけ、読まない人間は「また始まったよ……」と辟易する。ただ、読まない人間もなにかひとつ「面白い」と思える小説に出会うと、途端に読む人間へと変貌するのでこの「オススメ小説爆撃」が行われるのである。まあ、読む人間だって最初は読まない人間だったのだから当然ではある。

 ここでソーシャルゲームへと話を戻すと、冒頭に書いたようなテンプレ的UXを繰り出してくるソーシャルゲームは最近少なくなった。ボタンをタップしたときの挙動や、ボタン配置の最適化によるUX(この場合はいかにゲームプレイ上のストレスを低減させるか)にこだわりを感じるゲームが増えている。スマートフォン自体が最適化の産物なので、当然スマホアプリも最適化の波に押され先鋭化していくのである。
 一時期流行り、今もなおゲームプレイの根幹にある「強いレアカードを引くと強くなれる」「ガチャゲー」的なもの。これは収益化するために必要なものとして根強く残っているが、それ以外の部分で新たなUXを生み出そうとする試みが増えてきた。
 グラブルはストーリー性を売りにし、白猫はテニスという味付けを持ってきた。クラッシュロワイヤルはPvPの駆け引きを軸としている。
 これらの最たるものはスマホVRだけれど、真価が発揮されるのはもうちょっとだけ先だろう。もしVRが成功したら、これを超えるUXはなかなか出てこないぞ。

 では、小説はどうだろうか。「本というパッケージにして売る」というやり口は十年一日である。人が手に本を持ち、目で文字を追うというUXはなかなか変わらない。これは電子化しても同じだ。(無論のこと印刷技術や書籍デザインの最適化はすでに済んでいるので現時点の書籍の、商品としてのレベルがかなり高度であるという前提である)
「本の中身が違うんだからUXは違うでしょ?」というもっともな意見もあるので、あまりこの点は突き詰めて考えられてこなかった。
 だがしかし、UX的に考えてこの「人が手に本を持ち、目で文字を追う」を違うものに変更できるのか? が今私の考えていることだ。
 comicoなどのサービスはキャラクターイメージを入れ込むことで文章を補完しようとしている。ノベルゲームはボイスを当て、BGMもあり、イラストもある。手前味噌だがamazonのオーディブルでは「朗読」というジャンルでビジネスを行っており、私も小説を提供している(小説なのに、今のところ本では売られず、朗読でのみ売られているという珍しい例だ)。
(https://www.amazon.co.jp/b/ref=s9_acss_bw_cg_Audible_5d1?node=4465463051)
 絵本やライトノベルという媒体も、ある種UXを多彩にしようという試みだ。
 こう考えてみると、なかなかどうして、多くのチャレンジがなされている……気がしないでもない。

 ただ、スマホアプリと比べるとどうしても、未開拓であるという思いをぬぐえない。スマートフォンの文字によるUXで「うおお、すげえ!」と思えたことが今までないのは、単に誰も挑戦していないからという理由だけではない。文字は、今のエンターテインメントの流行に対して逆行しているのだ。
 ゲームを例に取ると、VRを始め、アクションゲームはどんどん「UIがなくなっていく」傾向があるように思う。これは没入感を高めるためのものだ。「UIがないUI設計」である。
 文字はUIにとってきわめて重要なものだ。スマホアプリで、小さいボタンに、なるべく誤解を招かないような文言がちまちまっと配置されているのはみなさんご存じだろう。文字は、情報を伝えるのに非常に有効なツールだが、ことゲームにおいては没入感を損ねるし、デザイン上どうしても邪魔になる(ダサイ)ことが多い。
 文字の集積である小説は、そう考えると、「デザイン化して読み手に新たなUXを与える」という試みにおいては、そもそもあまり向いていないのでは、と思えてしまうのだ。

 だが、試みはまったく行われていないわけでもない。ようは、「発明品」ができていないのだ。「うおお、すげえ!」となるようなUXを与えられるサービスが出てくれば、(短時間でキャッチアップされ模倣されるだろうが)「本というパッケージを売る」ビジネスだけでなく、あらたな文字文化のメインストリームとなる可能性もある。
 UXの側面から論じるにはまだまだ未開拓のテキスト分野。もっといろいろな可能性を模索していきたいし、いろんな方に模索して欲しいと切に願う。小説はもっといろんな楽しみ方ができるはずだ。

 ……その結果「やっぱり本がいちばんだよな」となるのであれば、ま、それはそれで。
このエントリーをはてなブックマークに追加


今年の抱負 2016年

 あけましておめでとうございます。今年もがんばって参りたいと思います。
 さて、新年早々――というか昨年後半くらいからつらつら考えていたんですが、今年の抱負はこれで行こうかと思います。

 一、今後、自分が腰を据えて取り組むべきテーマを設定する
 二、堅実に生きる
 三、大過なく過ごす


 先に二と三についてなんですが、昨年があまりにいろいろあったので、自分自身が浮ついている感触があったんですね。こういうの、ほんとによくない。いずれ大きなミスか事故を起こすと思いました。「謙虚に生きる」ことはなにより重要なので、わざわざ目標として「堅実」「大過なし」を挙げました。勇躍すべきときは放っておいてもやってくる(たぶん)ので今は火中の栗を拾うよりも穏やかに過ごせるよう環境を整えていくことを重視したいなと。
 で、一ですが……実はガキのころ、なんとなく自分は三六歳で死ぬと思ってたんです。今私、三六歳なんですけども。まあもし死んだらそういうことなのかと思っておいて欲しいんですが、それはさておき、この「俺はいずれ死ぬ」という感覚を生々しく覚えたんですね。そこで――そろそろ、持てる力の全力を注いで追うべきテーマを見つけないとダメだなと。
 もちろん小説を書くのに全力投球しているんですが、その全力を積み重ねていった先、自分自身が命の炎を燃やしてなにをなしてきたのか、なすべきなのか、こういうことを考えておきたい。そのためのプランというか骨子というか指針というか、なんでもいいのでつかみたい。だって、ねぇ、「お前の人生ってなんのためにあるの?」って聞かれてすぐ答えられます? 無理でしょ? でも手がかりくらい持っておきたい。それを見つけるのが今年かなーって。
 一八歳のみぎりに志向した「小説家になる」という目標は結構前に達成したので、次はいい加減「小説家になってなにをなすか」を決めなければならない。と、そういうことです。
 今年もよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加


今年の抱負の総括 2015年

 最初に謝っておきます。申し訳ありません。途中で書き留めるのを止めてしまって(しかも理由が「面倒くさいから」)、今年の抱負は達成できていません……。
 そんな抱負がこちら。

・毎週1冊、趣味の読書

 んん〜〜〜ふつうに考えれば楽勝ですよネェ〜〜〜〜〜〜? 読むだけ。感想を書くでもない。仮にも本を出して口に糊している作家ですよ。こんなの楽勝のはずですよネェ〜〜〜〜〜〜〜〜?
 なんでかわからないのだけれど、6月のある日、「あ、もう本のタイトルをメモするの止めよっ」と思っちゃったんですよね……。今さら分析すれば、会社で大変だったからだと思うけれども、ともあれ、抱負を達成することはできませんでした。いい社畜であろうとすること、いい作家であろうとすること、いい父親であろうとすること、いい夫であろうとすること、いい人間であろうとすること、抱負を達成しようとすること、これら全部を追いかけても無理なんだと知りました。来年は、やっぱり「出す本の数」とかにしたほうがいいかな……。
 せめてもなので、6月までメモした書籍のリストを掲載してお茶を濁します。
 ※日にちは読了日。

1/3
「地方にこもる若者たち 都会と田舎に出現した新しい社会」阿部真大・朝日新書
1/18
「フィルム」小山薫堂・講談社文庫
1/23
「日本怪魚伝」柴田哲孝・角川文庫
2/1
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」山田真哉・光文社新書
2/9
「戦時演芸慰問団『わらわし隊』の記録 芸人たちが見た日中戦争」早坂隆・中公文庫
2/15
「笑う風 ねむい雲」椎名誠・集英社文庫
2/23
「老猿」藤田宜永・講談社文庫
2/28
「パーク・ライフ」吉田修一・文春文庫
3/9
「面白くて眠れなくなる数学」桜井進・PHP研究所
3/12
「三人の悪党 きんぴか1」浅田次郎・光文社文庫
3/17
「コリーニ事件」フェデルナント・フォン・シーラッハ(酒寄進一訳)・東京創元社
3/29
「血まみれのマリア きんぴか2」浅田次郎・光文社文庫
3/31
「異端の統計学ベイズ」シャロン・バーチェ・マグレイン(冨永星訳)・草思社
4/2
「真夜中の喝采 きんぴか3」浅田次郎・光文社文庫
4/8
「犯罪小説家」雫井侑介・双葉文庫
4/26
「世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析」斎藤環・角川書店
4/28
「男の野外肉料理大全 OUTDOOR GRILLS BOOK」BE PAL
5/9
「人間の建設」小林秀雄、岡潔・新潮文庫
5/10
「流れ星と遊んだころ」連城三紀彦・双葉文庫
5/13
「しんがり 山一證券 最後の12人」清武英利・講談社
5/15
「予知夢」東野圭吾・文春文庫
5/18
「容疑者Xの献身」東野圭吾・文春文庫
6/3
「人事と法の対話 ――新たな融合を目指して」守島基博、大内伸哉・有斐閣
6/6
「悪魔の取引 ある投資詐欺事件のストーリーで学ぶ金融入門」アンドレアス・ロイズ(田口未和訳)・阪急コミュニケーションズ

 こんな感じ! おすすめはどれかと聞かれれば「全部面白かった」と答えるしかない。わりと雑食で、わりとなんでも楽しめちゃう。リストには書いてないけど、ライトノベルだとカミツキレイニーさんの「七日の喰い神」とノギノアキゾウさんの「ジョーカーズ!」が面白かったのでみんな読むといいです。
 こうしてリストだけでも読み返すと、「ああ、これ読んだナァ」と思えるし、読んだときに感じたこと、目の前に現出した景色が、不意によみがえってなかなか面白い体験です。小説などの文字媒体は、マンガや映画などと違って読み手の想像力に任されているため、とてもプライベートな体験です。だからこそ感動は自分だけのものだし、その熱量を誰かに伝えたくなるのかもしれません。
 忘年会みたいなノリで最近飲みに行って話すのは、「今年は怒濤の1年だった」と。退屈しなくて済んだけど、心が磨り減ったような感覚があります。ちょっと疲れたかも。とはいえこれくらいの経験をしないと、書くものに生きてこないのかなとも思ったりします。
 2016年はどんな年になるかな。
 皆さん、よいお年をお迎えください。
このエントリーをはてなブックマークに追加


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
search
selected entries
categories
works
works
works
from Y to Y
from Y to Y (JUGEMレビュー »)
三上 康明,ジミーサムP:原作
works
works
twitter
links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM