<< 平成26年の抱負の総括 | main | 「東京戦厄高校第72討伐班」は4月24日発売です。 >>

平成27年の抱負

 毎年書いている抱負は毎年スパッと書けるのだが今年は結構迷っている。やらなければならないこと、果たすべき高いハードルには事欠かないのだが、それらは「挑戦したいこと」ではないんである。純粋なステップアップはつまらないんである。どうせなら仕事とは全然関係ないことにしたい。そこで、思いついた。

・毎週1冊、趣味の読書

 これはどうだろう。小説はもちろん、ビジネス書、ノンフィクションなど、好きな本をなんでもいいから読んでいく。感想を書くのはクソかったるいのでどうしてもレコメンドしたいものだけを書こう。乱読家、ガチ読み手の諸氏からすれば「ハードル低すぎだろ……」と思われるかもしれないが、これはあくまでも「趣味」なのである。資料で読んだものはカウントしないし、自分に課している「毎月8枚DVD」や「新聞・雑誌購読」は入れていないので勘弁していただきたい。年末にズラッと読み終わった本を並べれば、なかなかどうして、私の嗜好がまるわかりになりそうではある。
 すでに1月も3週目に突入し、いまだ1冊しか読了していないのでここからピッチを上げて読んでいくことにする。ちなみに読了済みは「地方にこもる若者たち 都会と田舎に出現した新しい社会」(阿部真大・朝日新書)である。好著であったので都市部ではない地方社会に興味がある方には是非読んでいただきたいところ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
search
selected entries
categories
works
works
works
from Y to Y
from Y to Y (JUGEMレビュー »)
三上 康明,ジミーサムP:原作
works
works
twitter
links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM