<< 今年の抱負 2016年 | main |

今年の抱負2017

 毎年「これをやろう」「あれをやろう」と考えるのが年始なのだが、これまではたいてい「今年は何本小説が出るかな」という考え方だった。が、個人的にこの1、2年で大きく環境が変わったので(主に第一子出産がでかかった、可処分時間的な意味で)、「もう小説の本数を気にするのは止めよう」と今さらながらに開眼。私も37歳なので、いい加減、数字ではなく質で勝負するべきと気づいたのである(言い訳の常套句)。

 もちろん小説は続けていくし、昨年のようにオーディブルであるとか、小説以外の媒体にも小説の形を通してチャレンジしていくことは続けたいと思う。シナリオやなんらかの原作はまったく考えていない。たぶん、私のキャパ的に無理だ。新たな表現手法に習熟する時間がまったく足りない。

 そんなわけで抱負の第1はこれ、「小説の質を向上させる」。当たり前? そう、当然であることを再度真剣に取り組みたいと思ったのだ。

 抱負の第2は家族のこと。仕事も趣味も、家族がいなければ安心して楽しくできない。「家族を大事にする」。当たり前? そう、当然であることを再度(省略)

 抱負の第3が今年から新しく始めようとしていること。
 実は――狩猟だ。
 釣りがオフシーズンである冬に、猟期が始まる。「猟銃所持許可と狩猟免許を今年中に獲得し、11月15日からの猟期に出猟する」ことを第3の抱負とする。
 散弾銃は火薬が怖いので止めました(ヘタレ)。空気銃のみでOKなので、まずは初心者講習試験の合格を目指して勉強中。


 年を食うと1年の過ぎ去る速度が徐々に早くなると言う。だからこそ、日々を大事にして、己の足跡を振り返りながら、たゆみなく進むべき道を進んでいきたいものだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
search
selected entries
categories
works
works
works
from Y to Y
from Y to Y (JUGEMレビュー »)
三上 康明,ジミーサムP:原作
works
works
twitter
links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM