<< 今年の抱負2017 | main |

「異世界釣り暮らし」(旧:異世界釣行記)書籍化とその他もろもろのこと

「小説家になろう」に連載していた「異世界釣行記」が「異世界釣り暮らし」と名前を変えて書籍化することとなりました。
 やったぜ!
 10月10日発売!
 そしてこの日は「釣りの日」らしいぜ!
 担当編集氏がたまたま見つけてきたぜ!
 イラストレーターは七原冬雪先生。ちゃんと魚も描いてくださっています。ありがたや〜!

 ふと、思い立ってブログの記事を投稿します。
 販売される小説の告知の場として用意していたブログですが、まあ、あまり固く考えずにつらつらと思っていることを書くのもたまにはいいのかなと思いまして。
 そのため結構話が寄り道しています。小説家としてそういう文章を掲載するのはどうなんだという気もしますが、そんな文もとりあえず書いてみなければなにか意味を持つかもしれないかわからないのです。

 最近気づいたのですが、「異世界釣り暮らし」と「察知されない最強職」の両方を連載しつつ。「異世界釣り暮らし」の書籍化作業をし、もう1作品商業の作業をしていく……というのはちょっと無理があるんじゃないかと。
 ここに毎日の会社と、2人の子育てが入ってくると「あれ? スケジュール破綻してない?」と。
 私、自慢ではないのですがそこそこ執筆速度は速いのです。1時間に4,000字くらいですか。それでも物理的な時間は掛かってしまうので、毎日の通勤往復2時間を執筆に充てたいのですが、せめて脳内で考えた文字列をスマホにアウトプットできる技術ができないと(facebookが開発しているらしいですよ!)これは実現できません。
 とはいえ通勤時間も大事で。
 購読している経済誌と新聞、それに資料や娯楽として買い込んだ書籍を読む時間が電車の時間だったりします。
 インプットがなければ枯れてしまうんですよね。いろんなものが。

 とはいえ会社の方が安定していたのでこれまでは精神的に楽だったというのもあります。ですがこちらにも暗雲が立ちこめ始めていて、心理的なプレッシャーが大きめの仕事をするようになってしまったんですね。まあ、仕事自体はヒマでそれはありがたいんですが、と言っても毎日9時間拘束されることは変わらないのがキツイ。ああ、週休3日にならないかな(魂の叫び)。

 そんな中でも「小説家になろう」に投稿しているだけだったらいいのですよ。自分のペースで更新するだけで、しかも、言い方は悪いですが、そこに責任はない。ただ商業化すると責任が発生するんですよね、いろいろと。入稿日に間に合わせなきゃいけないとか、著者稿やんなきゃいけないとか、イラストの確認しなきゃいけないとか、タイトル変えるとか(これは私が言い出した部分でもあるんですが)。
 それを全部止めて「Webと内容そのままで。あ、一文字も変える気ありませんから」と言うことも不可能ではなかったのですが、どーしても変えたくなっちゃった。エピソードも追加したくなっちゃった。「基本的に改稿ナシで行きたいんですけど」と担当さんにイヤな顔をされても「おで、変えたいんだよお!」と駄々をこねて変えちゃいました。か、変えてよくなったでしょ?(小声)

 結局のところ「なにかをあきらめれ」ば楽になれるんです。
 会社で手を抜くとか、原稿で手を抜くとか、更新頻度を下げるとか、書籍化でサービスしないとか。
 でもそういうのがイヤでやっちゃう。「苦労」がそこにセットであるのがわかっているのに、やっちゃう。
 そうしないと「不安」だったり、あるいは無駄に「責任感」があったりするせいなんでしょう。楽をしたところで最終的なクオリティレベルに変化はないかもしれないのに。「貧乏性」と言ってもいいです。

 あー、つらい。つれーなー昨日2時間しか寝てねーからなー。
 という不幸自慢をしたいんじゃないんですよ。ただ……なんなんですかね、愚痴っぽくなったんでしょうかね、年を重ねて? 5年前とかはもっとフワッと生きていた記憶があるんですが。

 ポジティブな話をしましょう。暗く塞ぎ込んでいるときこそコメディを書けというわけですよ。
 んー。なにか明るい話題があったかな……。
 きっと自分は、本来は恵まれて幸せなのにそれを感じ取れないから「つれーわー」となるのだろうとは思っています。うちの子どもとか死ぬほど可愛いし。なにこの子、ほんとに俺の子?(NTRフラグ)
 この「幸せの可視化」って結構難しくて、いちばん簡単な代替方法は「自分より不幸な人を見る」ってことなんですが、これはこれで100%混じりけナシの諸刃の剣なんですよね。気持ちがすさむし、ポジティブな姿勢にはなれません。
 ああ、うちの子が「○○(自分の名前)ちゃん、おとうさんだいすきー」と言いながら抱きついてくれる今が永遠に続かないかな……。

 仕事がかさんでくると、よいものを「よい」と素直に受け止め、感謝できる心の余裕がなくなってくるんですよね。弊社の残業多めの部署を見ているとつとに感じます。
「楽しかったこと記録帳」みたいなのをつけたほうがいいのかしらん……。
 人間の記憶なんてあやふやなので、記録をつけておかないと忘れるんですよね。
 いちばん最近で腹を抱えて笑ったこと、思い出せますか?
 飛び上がるほどうれしかったこと、思い出せますか?
 そんなことを思ったのも、今日甥っ子家族を送るのに往復2時間くらい車を運転したのですが、自分で流して聞いていたラブソングから「あれ……俺、女性に対してときめきみたいなの感じなくなって何年経つんだ……?」と考えたからです。アレです。結婚ってマジで「家族」になるんだなって。

 やっぱりまとまりがつかなくなってきました。
 が、「異世界釣り暮らし」の書籍化が決まって「うれしい!」というのはほんとうのこと。これで2006年のデビュー以来毎年1冊以上本が出ていることになります。「楽しかったこと記録帳」に書いておかねば。
このエントリーをはてなブックマークに追加


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
search
selected entries
categories
works
works
works
from Y to Y
from Y to Y (JUGEMレビュー »)
三上 康明,ジミーサムP:原作
works
works
twitter
links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM