小説「from Y to Y」は2014年6月25日発売です

 ジミーサムPの楽曲「from Y to Y」の小説化を担当しました。2014年6月25日発売です。



 発売される小説には、原作曲「from Y to Y」のリマスターと、ジミーサムPの新曲の2曲を収録した8センチCDがついています。
 店舗特典で、アニメイトでイラストカード、WonderGOOでポストカードがつくそうです。

 執筆にあたっては「from Y to Y」がまずあるものの、1曲でなく複数曲でということで「Afterglow」と「Reboot」の2曲も提案をいただいていました。また小説発売にあわせてジミーサムPが新曲を書き下ろしてもいいということでした。
 そこで私なりに物語を組み立て、その上でジミーサムPや関係者とも話を詰めてから執筆にとりかかる――という手順を踏んでいます。

 楽曲のイメージを壊さないように慎重な進行だったと思います。一方で、私は自分がかかわる以上は「小説」として成立させたいと強く思っていたので、内容については自由に書かせてもらいました。
 結果として、「from Y to Y」の大きな物語の中に「Reboot」、「Afterglow」の内容を組み込むという形になりました。その時点でジミーサムPに小説を読んでもらい、物語に対する「アンサーソング」として「新曲」を書き下ろしてもらい、私がそれを聞いて物語の結末を書く――という構成になっています。

 今、メールを読み返していると、最初に話をいただいたのが昨年の9月。私が引き受けてから打ち合わせをしてプロットを制作したのが11月、それをたたき台にみんなで角を突き合わせて打ち合わせをしたのが12月、年末に執筆を開始し、書きあがったのが今年2月、書き下ろしの楽曲を提供いただいたのが4月、結末を書きあげて原稿を完成させたのが5月――そして6月に発売、と、9か月越しの制作だったなと。
 原作に寄り添えど自由な発想で書ける。これはなかなかエキサイティングな体験です。それに歌がついて返ってきて、物語の結末を仕上げていく。これもまた未知なる体験です。非常に、楽しかった! もちろん、いいものができたという自信もあります。
 ぜひ、多くの人が読んでくれたらと願っています。

 高校時代という、将来を決めなければいけないうつろいやすい時期。
 ひとつの出会いがすべてを変えてしまうこともある。
 星空によって結びつけられた人生が、大きく動きだす――。









このエントリーをはてなブックマークに追加


「クライシス・ギア4 運命の歯車(ギアズ・オブ・フェイト)」は5月23日発売予定です

書影などはもろもろまだですが(っていうかまだ著者校も終わってないんですが)、「クライシス・ギア4 運命の歯車(ギアズ・オブ・フェイト)」が5月23日に発売されます!

わずかに残された糸口を、どう、慎たちがたどっていくのか。
そして新キャラクター(表紙にも登場!)がどう行動するのか。
お楽しみに!

おかげさまで「クライシス・ギア」シリーズは4巻まで来ることができました。
未読の方で、興味がありましたら是非試し読みからどうぞ〜。
→特設サイト(試し読み)

情報が出てきたらまた更新したいと思います!
このエントリーをはてなブックマークに追加


「勇者サマふたりめ。 〜ご依頼になった勇者は現在怪電波を受信しているか女の子成分が足りないため、冒険しません。〜」は3月25日発売です。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ(意味深)。




今月25日、ていうか明日!
「勇者サマふたりめ。 〜ご依頼になった勇者は現在怪電波を受信しているか女の子成分が足りないため、冒険しません。〜」
が発売になります!


イラストレーターはただいまぶっちぎり人気絵師街道驀進中のパセリさん!!
タイトル長い、長いなー、長文タイトルだけでインパクト取れると思ってんの? 馬鹿なの? という識者の声が聞こえてきそうだなー。



ちょっとだけ思ってた(小声)。



今回はラブコメ……? というよりだいぶコメディ寄りですね。
打ち合わせのときにも、


私「いろいろ考えたんですが……(ざらざらっとプロット案を提出)」
担当「……これ、これで行きましょう」
私「選ぶのだいぶ早いですね」
担当「この勇者、冒険しないんですよね」
私「ええ、痛いの嫌いですし」
担当「目的は『美少女ハーレムパーティーを作る』こと」
私「ええ、美少女好きですし」

担当「三上さんの趣味ですよね?」
私「フィクションですよ?」

担当「これで行きましょう!!」
私「後悔するなよ!!」


こんな流れでだいたい合ってると思われます。
出来上がった本は、表紙めくって扉絵がクライマックスなので、そこを確認して購入するかどうか確認したらいいと思います。タイツを考案した人にはノーベル平和賞をあげるべき。


あと、このエントリみたいな感じで大量にフォント遊びが入っているので実はこの宣伝記事自体が本文を読んでも大丈夫かというリトマス試験紙になっているのであります。


「勇者サマふたりめ。」どうぞよろしくお願いします。
「にさつめ。」が出るかどうかはみんなの応援次第だぜ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


「クライシス・ギア2 沈鬱なる青《サファイア・ブルー》」は本日発売です!



 集英社スーパーダッシュ文庫さんより、本日「クライシス・ギア2 沈鬱なる青《サファイア・ブルー》」が発売となります。
 フライングしたツイッター内容がこちら。




 といった形で、お三方から帯にコメントをいただきました。本当にありがとうございました!
 担当編集的には「裏にはがっつり推薦文、表にはコピー的に入れたいですね」という意図だったようですが表もがっつり文字が埋まってます(逆にこれはこれでにぎやかなのでいいのかなあ)。
 どんなコメント内容なのかは、ぜひ書店でご確認ください。
 既刊はまだ1作しかないので、今からでもすぐ追いつけますよ! 1巻は重版専用帯で出回っているんじゃないかな〜と思います!

 内容的には1巻に続いていく形ですね。
「出し惜しみなく全部ぶつけていきましょう」と担当編集も言ってくれたので、私も全力投球できました。
 この作品で強く意識している部分は「スピード感」です。2巻もお楽しみいただければ幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加


新刊「クライシス・ギア 緋剣のエージェント・九重 慎」の書影等

「クライシス・ギア 緋剣のエージェント・九重 慎」


2013年5月24日に集英社スーパーダッシュ文庫さんから新刊出ます!

あらすじ:
「俺だけはお前を見捨てたりしない!」
大切な少女を守るため、少年は「本能」の刃を振りかざす!!

「クライシス・ギア」は有事の際、人間を守る発明品だった。だが10万人に1人の確率でこれを武器(ウェポン)化できる人間が現れた。
高校生・九重 慎もまた武器化の才能を持っていたため、政府機関「特防」に所属するエージェントとなった。そんな彼に、財閥令嬢である緋扇紗々良の身辺警護依頼が舞い込む。
ただの警護任務のはずが、緋扇本家の人間が全員惨殺されたことで自体は急変する!
紗々良を守る慎の前にも凶悪犯――クライシス・ウェポンの能力者「セブン」が現れる――。
強き「本能」を刃に――! バトルアクション開幕!!


あと、インタビュー記事も載せていただきました。
このインタビューを読んで本に興味を持つ人間がどれだけいるのか、壮大な実験はついに115回目を迎えます。

読んで引き込まれ、熱いバトルがあり、疾走感がある――そんな物語を目指しました。
ご一読いただければ幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
search
selected entries
categories
works
works
works
from Y to Y
from Y to Y (JUGEMレビュー »)
三上 康明,ジミーサムP:原作
works
works
twitter
links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM