「東京戦厄高校第72討伐班2」は7月24日発売です。

 なんだかもー毎日がしっちゃかめっちゃかですっかりブログの更新も滞っておりました。いやほんとにもーひどい毎日。でも生まれたわが子はめちゃくちゃ可愛い。マジ天使。あれなんの話だったっけ。

「東京戦厄高校第72討伐班」の2巻!
 今回は夏にあわせて、海のある離島が舞台です。



 夏。
 離島。
 女の子。
 水着。

 と来れば、その次になにが来るか、わかりますよね?
 そう、地獄です。もとい「合宿」です。
 災厄を討つ者として、チームでの連携プレイに磨きをかけていく廻人たち。彼らの実力って、実際のところ一年生の中だとどんなものなのか――この辺がはっきりわかる今作となっています。
 私自身とっても楽しく書けたので、1巻が面白いと思われた方には満足していただけるんじゃないかなと。
 1巻未読の方も大丈夫。まだたったの2巻です。すぐ追いつけます。読みましょう! 読んじゃいましょう! 夏だよ。暑いよ。外に行くよりラノベだよ!
 私もラノベでこの夏を乗り切ろうと思います(書く方だけどね……)。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加


「東京戦厄高校第72討伐班」は4月24日発売です。

 王道は、好きか? 私の大好物だ!

 今作「東京戦厄高校第72討伐班」はまさしく「王道」について考え抜いた作品だった。バトルがあれば王道なのか? 美少女がいれば王道なのか? 主人公が強ければ王道なのか?
 過去を振り返り、私にとっての「王道」のルーツを探った。思えば自動販売機に残っている釣り銭を探すの好きなセコいガキであった。幼なじみの女の子がいたがとっくに疎遠になり彼女は遠いところへ嫁いでいった。親友と呼べるような友もおらず傍らには常に本があった。
 なんだこれは。
 トラウマ暴露大会か。
 流行ではないことを承知で言うが、「逆境を乗り越える話」が好きだ。「努力は報われない」「天佑によって得られる才覚のほうが信用できる」「宝くじは当たる」という考え方を好きになれないし、そもそも昔は思いつきもしなかった。たぶん、暗黒時代であった幼少のみぎり、未来に光を感じていた。いや、光があると勝手に信じていた。暗闇を切り抜けるのに必要なのは己の努力であり、「天は自ら助くるものを助く」という言葉はすなわちなにもしてくれねぇというわけだし、宝くじを買うカネは投資に回したほうがよいと直感的に信じていた。私は努力を重ね、人事を尽くし、明るい未来へ邁進した。中三の時分、挫折した。あぁ^〜数学ができなかったんじゃぁ^〜。
 いろいろあったけれど、幼いころの考えは今もなお染みついている。暑苦しく、努力をする主人公は古くさい。であれば、どうすれば新しくなるのか――考えた。喫茶店をハシゴし、乾したコーヒーカップを積み上げ、早く帰れよという店員の視線をガン無視し続け――ついに答えは出た。

 チームだ。

 自分のために努力するのではなく、誰かのためにがんばる。友情と恋情の紙一重。これだ。ひとりひとりの力は取るに足らなくても、集まることで――それは奇跡のようなバランスで――強さを発揮する。努力は仲間のためにある。

「東京戦厄高校第72討伐班」は、今、私なりの「王道」を突き詰めて書いた。毎度言うが、この小説は、面白い。何度読んでもぐっとくる。目頭が熱くなる。ああ、私には信頼できる仲間などついぞできなかったな……と。



 
このエントリーをはてなブックマークに追加


平成27年の抱負

 毎年書いている抱負は毎年スパッと書けるのだが今年は結構迷っている。やらなければならないこと、果たすべき高いハードルには事欠かないのだが、それらは「挑戦したいこと」ではないんである。純粋なステップアップはつまらないんである。どうせなら仕事とは全然関係ないことにしたい。そこで、思いついた。

・毎週1冊、趣味の読書

 これはどうだろう。小説はもちろん、ビジネス書、ノンフィクションなど、好きな本をなんでもいいから読んでいく。感想を書くのはクソかったるいのでどうしてもレコメンドしたいものだけを書こう。乱読家、ガチ読み手の諸氏からすれば「ハードル低すぎだろ……」と思われるかもしれないが、これはあくまでも「趣味」なのである。資料で読んだものはカウントしないし、自分に課している「毎月8枚DVD」や「新聞・雑誌購読」は入れていないので勘弁していただきたい。年末にズラッと読み終わった本を並べれば、なかなかどうして、私の嗜好がまるわかりになりそうではある。
 すでに1月も3週目に突入し、いまだ1冊しか読了していないのでここからピッチを上げて読んでいくことにする。ちなみに読了済みは「地方にこもる若者たち 都会と田舎に出現した新しい社会」(阿部真大・朝日新書)である。好著であったので都市部ではない地方社会に興味がある方には是非読んでいただきたいところ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


平成26年の抱負の総括

 振り返りたくはないが一年を振り返るのが年末というものなので振り返っておこう。今年の頭に立てた抱負は以下の通りである。

1.小説6冊程度の上梓
2.健康
3.チヌ(黒鯛)を釣る

 結論から先に書くが、全部ダメであった。小説は5冊しか出なかったし健康ではオールAが破れて「副脾」とかいうよくわからない先天性の脾臓プラス1のせいでBがついた(先天性なのに今まで顕在化しなかったのはなぜなのかという気がしないでもないがBはBである)。そしてチヌは釣れなかった。あんな魚は日本近海に存在しない。間違いない。
続きを読む >>
このエントリーをはてなブックマークに追加


【Web小説】竜殺しと竜喰い3 第4章7・未明――エピローグ

「竜殺しと竜喰い」 ライトノベル・Web小説Web小説用QRコード


 他人に「いい顔」をしたくとも、できないときがあります。そんなとき他人は「こいつは身勝手なやつだ」と勝手に判断する、身勝手な生き物になるのです。
 人間はみんな、本質的に身勝手なのだと思います。

 七日目のラストエピソード、そしてエピローグ。
 籠城戦もいよいよ終結。次の物語へと続いていきます。

竜殺しと竜喰い3 砂翅都大籠城戦 第4章7・未明 - Web小説(オンラインライトノベル)
※スマートフォン用に特化していますが、PCでも閲覧可能です。
このエントリーをはてなブックマークに追加


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
search
小説家になろう
selected entries
categories
works
works
works
from Y to Y
from Y to Y (JUGEMレビュー »)
三上 康明,ジミーサムP:原作
works
works
twitter
links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM